10代のカップル

ED治療薬で根本的な勃起機能を取り戻すことは不可能

EDとは勃起不全とも訳されますが、EDの範疇としてはセックスを行っているさいに女性が満足するまで勃起が維持できない状態も含まれます。
もちろんEDになれば射精に至ることができず、単に女性との信頼関係に悪影響を及ぼすだけでなく子作りにも大きく影響します。
このためEDは治療の対象としてさまざまな研究がされてきましたが、近年は有効なED治療薬が登場しており、昔に比べれば改善することは可能になっています。

EDにはいくつかの原因があるため必ずしも薬による治療は根本的な解決に至らないケースもあります。
EDの原因としては精神的なものと肉体的なものがあります。
精神的なものは体質として女性に対して興味を示さない場合などが含まれます。
残念ながら精神的な理由のED体質では、女性に対して興味を持つことが出来なければ、改善することは困難です。
また精神的なものとしても緊張感などから発生する場合もあります。
これら精神的な理由は、考え方を変えることが重要で治療でもカウンセリングが行われます。

一方で治療薬で期待できるのは病気的なものです。
ED治療薬ではペニスに流れる血流を良くすることで勃起機能を高めるというものです。
何らかの理由で血流が阻害されているものを取り除くのがED治療薬の役割ですから、根本的な解決は出来ず、あくまでも対症療法のひとつになります。

またペニスへの血流を良くすることが目的ですから、性欲を高めるといったことは出来ません。
このため精神的な理由で機能が低下している場合には治療薬で改善することができないこともあります。
また勃起しやすくするだけであり、それ以外の機能は向上するわけではないので、満足いくセックスを行うためには身体を鍛えるといったことも重要です。

いずれにしてもEDを改善するためには精神的、肉体的な充実が不可欠であり、それらを行うためにはED体質を改善することが重要です。
そのための方法としては運動を行うことや食事を見直すといったことが必要になります。

運動や食事を見直してED体質を改善しよう

EDの改善というのは必ず薬に頼らなければ不可能というものではなく、普段の運動や食事の見直しだけでも改善することができます。
あくまでのED治療薬はサポートをしてくれる程度にとどめて、満足行く結果を残すためには体質改善が重要です。
例えば、勃起障害の原因となっているのが血行不良によるもので、この場合には骨盤内の血液の流れが阻害されていることが考えられます。
このため少しでも血液が流れやすくするように血液の健康状態を改善する必要があります。

血液の健康状態を改善するには、身体の体質と食事がポイントになります。
脂肪が多いとそれだけ骨盤が圧迫されるので血行不良の原因になります。
また血液をサラサラにする食事をとることもポイントです。
なお、生活習慣として喫煙や過度の飲酒などは悪影響を与えますし、ストレスや筋肉疲労も悪影響が出るため無理に行うというのはよくありません。
運動でも簡単なスクワットがもっともEDを改善するのに良いとされます。
これは下半身を鍛えることによって血流を良くするためです。

また食事でもタンパク質やビタミンを適した量を取ることが必要です。
身体づくりは食事が基礎であり身体を作るための栄養素を取ることはED体質改善の第一歩です。
食事によって精力の付くものを食べることで性欲を高めることができるので、勃起機能も改善が可能です。

このようにED改善は薬でなければ不可能というものではなく、基本的にはED体質改善を目指すことが重要です。
また身体を鍛えて健康にすることにより病気の発生を抑えることができますし、身体を動かすことによって心身を高揚させることによって普段の生活も満足行くものにすることができます。