10代のカップル

EDと早漏どっちも治したい!それを叶える薬

パートナーとの性交中に満足のいく行為が出来ないまま射精してしまうことに頭を悩ませている。
年齢を重ねて勃起力が無くなりEDと呼ばれるものを自覚し始めたが、まだまだ楽しんでいきたい。
このような悩みを抱えている男性は、日本だけでなく世界にも大勢存在しています。
そして勃起力や早漏に関する悩みは非常にデリケートなこともあり、自分一人で抱え込んでしまうケースが非常に多いのです。

専門のクリニックへと出向けば適切な治療を施してくれるということは理解出来ていても如何せんデリケートな部分に関する悩みですから、なかなかそう簡単に行動を起こすことは出来ません。
知人や友人にクリニックへと足を運ぶ自身の姿を見られてしまったらと考えると、余計に足は遠のくばかりです。
そんな人たちのために開発・販売されているのが、誰でも簡単に手に入れられて、家庭で気軽に早漏やEDに対する対策が出来る症状改善のための薬です。
早漏やEDを治すことに着目した有効成分が含まれた薬は、見た目的には普通の錠剤と大差ないので、周りの人たちから怪しまれることなく飲むことが出来ます。
今や種類も豊富に揃えられており、その値段や効き目も製品によってそれぞれ異なるので、自分の体質に合わせて自由に選択することが可能となっています。

早漏対策としてはスプレーやクリームタイプの物も市販されていますが、そういったものは使用していることをパートナーに知られてしまうというデメリットがあります。
その点、飲むだけで早漏を治すという効き目を得られる薬は、パートナーにバレずに使用できるので安心です。
また早漏とEDを治すことに薬を用いるもう一つのメリットとしては、効き目を早く実感することが出来るという点が挙げられます。
このような良い点が多くある早漏とEDを治す薬の中でもとくに知名度が高く、多くの人たちからの人気を集めているのが、「スーパーPフォース」と「タダポックス」という名前の二つの薬なのです。

スーパーPフォースとタダポックスの違い

沢山の種類が存在する早漏・EDを治す薬の中で、現在でも変わらない人気を集め続けている「スーパーPフォース」と「タダポックス」という名前の二つの薬。
この二つには、一体どのような違いがあるのでしょうか。

まず、この二つの薬はパッケージからして大きな違いがあります。
スーパーPフォースは白い箱に入っていますが、タダポックスは箱などには入っておらず銀色のシートに包まれただけの状態です。
タダポックスがなぜこのような作りになっているのかというと、少しでも価格を抑えるための工夫ということのようです。
錠剤サイズはスーパーPフォースの方が大きく、少々飲みにくい印象があります。
しかしスーパーPフォースは半分以下の大きさに割って飲むので、実際には大差ない大きさということになります。

効き目の違いに関しては、二つの薬に含まれる成分が微妙に異なる為、分かりやすい違いがあります。
スーパーPフォースにはシルデナフィルという成分が配合されており、タダポックスにはタダラフィルという成分が配合されています。
どちらの成分も勃起力を向上させるという効き目がありますが、より強い効き目を得られるのがシルデナフィルなので、勃起力や硬さに重点を置きたい人はシルデナフィルの含まれるスーパーPフォースを選択すると良いでしょう。
タダポックスに含まれるタダラフィルは自然な勃起力を促すので、緩やかな改善を望む人にはこちらの薬の方が最適といえます。

早漏防止については、スーパーPフォース・タダポックスどちらの薬にも早漏を防止するダポキセチンが配合されてるので、同じような効き目を実感することが出来ます。
持続時間はスーパーPフォースが4時間でタダポックスが30時間と大きく違うので、時間の面で見てどちらを飲むか判断しても良いかも知れません。