10代のカップル

レビトラジェネリックはどのような効果があるか

レビトラジェネリックの効果は元々のレビトラとそう大差はありません。
レビトラにはその成分内に体内の血流を促進させる成分が含まれています。
レビトラジェネリックの場合もそれは同様で、服用することによって効率的に勃起しやすい状態を作ることが出来ます。

そもそも男性は、性的な興奮を覚えるとホルモン分泌の影響で体内の血流が促進します。
それに伴って血管も拡張していき、結果的に勃起が促されていくわけです。
男性器の勃起が治まるにはそれに特化した酵素が関係しています。
レビトラにはこの酵素を破壊する効果もあるため、結果的に勃起の状態が維持されセックスへの準備が整っていくわけです。

男性の場合、加齢やちょっとした体調の変化で勃起の状態が悪くなってしまうことがあります。
それこそ勃起不全などの症状が顕著にあらわれた場合には、こうしたレビトラが適役です。

レビトラは他のED治療薬とは違い、効果が非常に高いこと、同時に副作用が少ないことが魅力として挙げられます。
変に気を遣うことなく薬を飲むことができるという点では非常に魅力的な薬とも言えます。

レビトラは食事による影響を受けにくく、空腹時でも服用することが出来ます。
空腹時の場合、その分体への吸収も早くなるため、最短でも20分ほどでその効果があらわれます。
もちろん、個人差はありますし、これが食事を摂った後ともなればまた効果があらわれるまでの時間は変化していきます。
少なくとも性行為が始まる1時間ほど前までには服用をしておくと、失敗のリスクを減らすことが出来ます。
レビトラは非常に効果が高い薬ではありますが、飲み方、そのタイミングについては個々で工夫して対処していくことが大切になってきます。

錠剤を飲むだけで長年悩まされ続けた勃起不全を解消することが出来るのですから、決して悪い話ではありません。
しかも、男性だけでなく女性にとっても満足度の高いセックスを実現できるチャンスとなるわけですから、服用するに越したことはありません。

レビトラとレビトラジェネリックの違いとは

レビトラとレビトラジェネリックの違いについて、実はこの二つ、同じ成分で作られています。
では一体何が違うというのでしょうか。
挙げられる点としてはその価格、購入法の二つです。

まず価格について、レビトラは先発医薬品となるため、開発のために多額のお金がかかっています。
その分自己負担で購入する際に患者が負担する額が大きくなる傾向にあります。
その点、レビトラジェネリックの場合には先発医薬品に比べて開発費がかからない分価格が抑えられています。
同じ成分で作られていて、効果も変わらないというのであれば価格がより安い方を選ぶのは当然の流れです。
ものによっては、レビトラのレビトラジェネリックで価格が10倍近く違うものもあります。

購入法についても違いがあります。
レビトラに関しては日本の場合、医療機関を受診しなければ購入することが出来ません。
海外で作られたレビトラを購入することも時にはできますが、やはり価格の面を考えるとさほど大差はないわけです。

それに対して、レビトラジェネリックの場合はどうでしょうか。
日本では基本的にレビトラジェネリックを医療機関で購入することはできません。
そもそも取り扱っていないので、購入法としては海外で売られているものを輸入するしか方法はありません。

これだけを見ると後者の方が購入法が限られている分面倒なのではと思われるかもしれませんが、あながちそうとは言い切れません。
というのも、海外で売られている医薬品を個人で購入する方が出費はかなり抑えられます。
変に医療機関にかかる必要がないという点も、今回はメリットとして挙げられるわけです。
継続的に服用するというのであれば、トータルコストや手間を考えてもレビトラジェネリックの方がおすすめだといえます。