10代のカップル

レビトラジェネリックの種類

レビトラはクリニックなどでも処方をしてもらえるED治療薬のことです。
アスピリンの開発で有名なドイツに本社を持つバイエル薬品という製薬会社が開発しました。
ED治療薬としては作用が期待できるもののどこの医療機関でも保険適用外となり自費診療となってしまうため薬代が高くついてしまうというデメリットがあります。

そんなお悩みを解決するのにはレビトラのジェネリックがおすすめです。
レビトラのジェネリックはレビトラと同一の成分を配合しているED治療薬でありながら開発費などを抑えることができるため安く購入することができ、人気となっています。
レビトラジェネリックはバリフ・ジェビトラ・ブリトラ・サビトラ・レビスマ・スーパージェビトラなどの種類があります。

どのレビトラジェネリックの種類もED治療薬であることには変わらず、レビトラよりも基本的には安く買うことができるという点では変わりません。
独自に新たな成分を配合するなどさらに進化を加えたタイプも販売されていますのでレビトラジェネリックを買う時には自分に合ったものを探して購入することが大切です。

レビトラジェネリックの中には残念ながら人気の薬のため偽物が出回っていることもあります。
購入する場合には相談ができる窓口や電話対応を行っている業者から購入するようにすることが大切です。
レビトラジェネリックを販売しているメーカーのホームページなどを参照にして本物であるか確認してから服用するようにしてください。

本来レビトラは国際特許が満了していないためレビトラジェネリックはインド製のものしかありません。
販売している会社はアジャンタファーマ社やセンチュリオンラボラトリーズ社、サンライズレメディ社やサバ・メディカ社、マクレオーズ社などがあげられます。
一般的な錠剤タイプの他に水なしで飲むことができるゼリータイプなどが販売されているので好きなタイプや使用しやすいタイプを選んでみてはいかがでしょうか。

バリフを最も安く買う方法

レビトラジェネリックの中でも特に人気なものにはバリフがあげられます。
バリフの種類は一般的な錠剤タイプをはじめゼリータイプなども販売されています。
基本的に体格の大きい欧米人向けに作られている薬なので、体の小さい日本人や初めて使用する場合には半分の量で試すことをおすすめします。
バリフは人によっては半分の量でも同じ作用を得ることができるほか、レビトラは20mgの場合1錠約2,000円ほどとなっていますがバリフはバリフは約200円と10分の1の価格で購入することができるのでお得となっています。
ゼリータイプは錠剤よりも少し値段があがり1包につき350円前後となっていますが水なしで飲むことができ味のバリエーションが豊富です。

バリフの製造会社であるアジャンタファーマ社はバリフの製造を停止しており仕入市場で値段が高騰しています。
これはレビトラに新たな特許が追加されたためその特許法で製造しなければならなくなりジェネリックとして安く薬を作ることができなくなったため。
その他のレビトラジェネリック製品も同様の理由から製造を中止しているものも増えて来ています。

そのためバリフをもっとも安く買う方法は在庫のあるショップから早めに購入することが一番となります。
レビトラジェネリックを購入したい・お気に入りの薬を利用したいという方は早めに購入することが一番安く確実に手に入れることができる方法です。

購入方法は個人輸入代行業者を利用するとより安く購入することができます。
個人から買うのは心配という方は個人輸入代行業者に問い合わせるとよいでしょう。
電話対応を行っている業者が安心面でおすすめです。
まとめ買いをするとより安く購入することができる場所もあるので参考にしてみてください。