10代のカップル

レビトラは効果が出るまでに時間がかからない

レビトラは服用後20分から60分で効果が出てきます。
そして5mg錠なら約5~8時間、10mg錠なら10時間ほど、作用が持続します。
即効性があるので、性交を開始する60分ほど前に服用するのが最も理想的なタイミングです。

性交を開始する60分前というのは、最も服用しやすいタイミングでしょう。
シャワーを浴びに行く前に服用したり、食事の後に服用したりできるので、レビトラを飲んでいることを彼女に知られたくない人も、不自然になりません。

お薬を飲む時間帯でもないのに薬を飲むというのは、大抵の人が多かれ少なかれ抵抗を感じるでしょう。
しかし、食後に飲むのであればそれほど抵抗を感じないし、彼女に見られてもサプリメントだと言えば怪しまれることも少ないでしょう。

また、レビトラは効果の持続時間が5~10時間あるので、少し早めに飲んでも大丈夫です。
昼の14時頃に飲んでおいて夕方からデートをしてホテルへ行って、22時ごろにベッドインしたのでも大丈夫です。
このような飲み方であれば、彼女に飲んでいる所を見られる心配もありません。

他の勃起障害治療薬の中には食事の影響を受ける物もあります。
食後に服用すると効果が半減するので、空腹時に服用するか食後2時間以上経ってから服用するようにという商品もあります。
しかし、レビトラは食事の影響を受けないので、食後に服用しても大丈夫です。
どのような薬であっても、一番飲み忘れが少ないのが食後です。

食前に飲む薬の場合、飲み忘れることなくきちんと服用しているというケースはそれほど多くはありません。
多くの人が食事を食べている途中で「あっ、しまった、食前の薬を飲んでいなかった」と気づきます。
食間(食後2時間ほど)の薬も、飲み忘れが多いです。

その点、食事に影響を受けることがなく食後の服用でもかまわないというのは、服用する人にとっては凄く助かるし使いやすいでしょう。
これも他の商品と比較すると大きなメリットでしょう。

レビトラの即効性を他の勃起障害治療薬と比較

レビトラ以外にも勃起障害の治療薬はいくつかありますが、他の商品と比較して一番即効性があるのは、現時点ではレビトラです。
他の勃起障害治療薬の中には効果の持続時間は20時間以上あるけれど、その代わりに効果が発現するまでに1時間から3時間ほどかかるものもあります。

このような勃起障害治療薬を使った場合は、失敗例も少なくありません。
ゆっくりと作用して長く効く代わりに、性交を終えてもいつまでも勃起してしまいます。
勃起しなくても良い時にまで勃起してしまうというデメリットがあります。
いつまでも勃起しているのに彼女が気がついて、「何か変だ」、「勃起の仕方が不自然だ」などと不信感を抱いた、といった例もあります。

勃起して欲しい時にだけ勃起してくれる、というのが勃起障害治療薬を使う人の願いや理想ですが、レビトラはその願いや理想に限りなく近いのではないでしょうか。
デートに出かける前に薬を飲んでおいて、食事の後にホテルへ行ったら丁度2時間後にベッドインだろうと予測していても、なかなかその通りには行きません。
効果が出るまで3時間ほどかかる勃起障害治療薬の場合、予定が遅れるのは差し支えありませんが、早まってしまうとまだ効果が出ていないのにベッドインになるので、失敗してしまうこともあります。
渋滞を予測していたのに、意外と道路は空いていてなぜだかこんな日に限ってどの信号も青信号ばかりだったので、道を間違えたことにして遠回りをしたりしたけど、やっぱり予定よりも大幅に早いベッドインだったので失敗した、といった失敗談もあります。

その点、レビトラは効果が発現するまでは約1時間なので、予定よりも早くベッドインになってしまっても大丈夫です。
逆に予定よりも遅れてしまっても、作用時間は5時間ほどあります。
2時間や3時間程度の遅れであれば、大丈夫でしょう。

このようにレビトラは他の商品と比較して失敗例も少ないです。
使いやすいという声が多いのが、レビトラの特徴です。