10代のカップル

レビトラの効果を最大にする服用方法

レビトラを服用する男性

レビトラはED治療薬としても用いられる薬で、実際に年齢と共に衰えた男性機能を一時的に回復させていくことが出来ます。
体内の血流を促進させることで勃起不全を防ぐことが出来るため、男性がセックスに満足するためだけでなく、パートナーへの配慮の一環としてもレビトラは有効です。
一般的に、レビトラは性行為の約1時間ほど前に服用するのがベストとされています。
ただ、体質や体格によってこの時間は変動することがあるため、できるだけ余裕をもって服用するのがおすすめです。

レビトラは空腹時に服用すると約20分でその効果があらわれると言われていますが、これに関しても個人差があるため注意が必要になってきます。
せっかくレビトラを服用したとしても、性行為が始まるまでに効果があらわれないままであれば意味がありません。

空腹時であろうと、食事をした後であろうと、先に挙げた時間に関係なく早め早めの服用がポイントとなってきます。
基本的にレビトラは服用して最大5時間から6時間ほどその効果が持続します。
早く服用したからと言って行為の途中で効果が切れてしまうというケースはまずありえないので、心配はいりません。

レビトラは飲食による影響は少ない医薬品ではあるものの、より効果を高めたいというのであればできるだけ食事もあっさりした消化に良いものを選ぶのがおすすめです。
変に脂っこい食事や消化しにくいものであれば、その分効き目があらわれるまでに時間がかかる恐れもあるため、この点はしっかりおさえておくといいでしょう。
そして、飲酒についても注意が必要です。
レビトラ服用時の飲酒自体はすべてが禁止されているというわけではありません。
少ない量であれば性行為の気分を高めるためにも有効ですが、あまりに量を飲みすぎると体への負担が懸念されます。
時には薬の効果が十分に発揮されなくなることもあるため、酒に弱い人であれば飲酒を控えること、そうでなくても量はほどほどに抑えておくのが賢明な判断といえます。

レビトラはジュースで服用しても大丈夫?

レビトラの服用方法について、基本的に水で服用するのがベストではありますが中にはそうできない状況も起こりえます。
レビトラはジュースでも服用に支障はありません。
ただ、その種類によっては注意が必要になってくることもあります。

それはグレープフルーツジュースの場合です。
グレープフルーツジュースには薬の吸収を高める効果があります。
吸収しやすくなれば問題ないのではと思われる人もいるかもしれませんが、レビトラに関しては吸収率が変わることで体への負担が懸念されます。

時には副作用の症状が顕著にあらわれて性行為どころではなくなることも考えられるため、グレープフルーツ成分が入っているジュースは避けましょう。
安全面を考慮する上でも、グレープフルーツジュースだけは避ける事、この点はポイントとなってきます。

レビトラは先に挙げた注意点をしっかり押さえておけば、身体への影響をさほど気にすることはありません。
あまりに副作用がひどい場合には服用の中止も検討されますが、よっぽどのことがない限りは大丈夫です。
レビトラの服用方法として、まずは性行為の始まる時間までに余裕をもって準備すること、そして注意事項をしっかりと把握していくことが大切です。

レビトラは定期的に服用しても何ら問題はありませんが、連続服用に関しては気を付ける点があります。
というのも、レビトラは最大で5時間、6時間の間効果が持続されます。
その影響を考えると最低でも24時間は服用の間隔を開けなければ体への負担が大きすぎてしまいます。
気持ちのいいセックスのための工夫が、身体を壊すことで失敗してしまえば本末転倒です。
とはいえ、ここで挙げた服用方法をしっかり守っていれば大丈夫、よっぽどのことがない限りは使用に不安はありません。