10代のカップル

レビトラとシアリスを一緒に飲んでも大丈夫?!

ED治療薬として有名なレビトラ・シアリス。
レビトラの方は短時間でガツンと来る即効性タイプ・シアリスはマイルドに長時間続くタイプです。
シアリスの方が効き目がゆっくりな分、副作用の心配も少ないです。

このようにタイプが異なるED治療薬。
それぞれの良さを知った上で自身に合った方を服用するのであればよいですが、レビトラとシアリスの両方を同時に服用するのはやめておいてください。
ED改善力が増進することを期待しての同時摂取でしょうが、影響を期待できるどころか逆に思わぬ危険が出てくるリスクが高すぎます。
どちらの薬も基本的に血圧に影響を与えるもの。
併用してしまうと急激に血圧が下がるので命の危険さえでてくるのです。

それに、どちらも使用することでよりED改善に良い影響を与えるのではないかと期待しているでしょうが、二つ飲んだからといって効き目も二倍、とうまくいくことはありません。
お金の無駄とも言えるのです。
無駄金を使って命の危険に晒されるのであれば、最初からやめておいた方が賢明です。

ただ、レビトラとシアリス。
タイプが異なるがためにそれぞれの特徴を活かしたいからと間隔を空けて飲めば勃起力向上に期待できるのではないでしょうか。
とはいえ、素人が個人の判断で行うのはやはり危険です。
どうしてもその方法を取り入れたいというのであれば医師に相談の上で飲み方を検討した方がよいでしょう。
どちらも1錠で十分という薬なのですから、2倍に増やすというなら過剰摂取。
副作用の出てくる危険性は高く注意が必要なのです。
ED治療薬は1日1錠、すなわち服用後は24時間空けなければならないとされています。
病院に行くのは恥ずかしい、でもどちらも試したいというのであれば、シアリスを使用して24時間後以降にレビトラという流れにしてください。
とはいえ、何かトラブルが起こった場合には自己責任です。
そんなときには恥ずかしいからと躊躇していないで早めに病院に行ってください。

ED治療薬による副作用は注意が必要

シアリスはともかくレビトラは即効性がある分、副作用にも特に注意が必要です。
9割以上の方は顔のほてりや目の充血や頭痛・動悸・鼻づまりなどの症状が現れます。
そういった副作用を少しでも減らしたいと開発された薬がシアリスなのですが、それでも使用者の約3割は頭痛やほてりのほか、背部痛・筋痛・四肢痛などを感じます。
ED治療薬というと副作用が出てくるのが当然とも言えるのです。
そんな危険性の高い薬なのですから併用はやめておいた方がよいのは分かるでしょう。
とはいえ、そこまで強く警戒をする必要はありません。
ほてりや鼻づまりなど大抵は軽いものです。
これら2種の前に開発されていた有名なお薬がありますが、こちらも副作用は9割以上。
それでも今も尚人気の高いお薬です。

とはいえ、どれくらいの症状が出てくるかは体質やそのときの体調もあり人それぞれです。
もしもいつまでたってもほてりが取れなかったり、動悸が激しかったりといった場合には早めに医師に相談するようにしてください。
誰でもなることだからと放っておくと危険です。
用法用量もきちんと読んで正しく使用しましょう。
レビトラとシアリスの同時服用が駄目なだけでなく、併用禁忌のものは他にもあります。
持病があり日頃から薬を服用しているという方や過去に既往歴があるという方は、先に主治医に相談してからの方が安全です。
高血圧の方・低血圧の方も服用に際して注意点があります。

副作用の危険性があるということは、逆に言えばよく効くことの表れでもあります。
レビトラとシアリス、それぞれの特徴をよく理解し、正しい使い方を知った上で利用してみてください。
性生活でのコンプレックスも消え自信につながるはずです。