10代のカップル

バイアグラというED治療薬の効果や副作用をチェック

バイアグラは最もアグレッシブな効果があるED治療薬です。
効果の信頼性が非常に高く、利用した男性陣の大多数が短時間で勃起力を取り戻しています。
服用するだけでEDが治療出来る素晴らしい医薬品であり、内服用ですので、水さえあればシチュエーションに関係なく服用可能です。

バイアグラは小さな錠剤の医薬品となります。
水またはお湯での服用が推奨されており、飲むタイミングはセックスを始める、約60分から90分前頃がベストです。
バイアグラの主成分の効果は、30分から60分位で体内に取り込まれ、勃起を阻害する要因を改善します。
その後、性的な刺激を受け、脳が興奮を覚える事で、バイアグラのポテンシャルが完全に発揮され、ペニスが男らしく立ち上がります。

一度現れた勃起力はバイアグラの効果時間が終わるまで継続します。
射精をした後は普段通り、ペニスが萎えてしまいますが、再び性的な行為を始める事でみるみるうちに再び勃起していきます。
ペニスへと血液が流れ込みやすくなりますので、普段よりも固くボリュームがある勃起の姿が得られます。

中折れを未然に防ぐ効果があり、深刻なEDではないものの、毎晩女性とセックスをすると度々ペニスの入れ直しに悩んでいる男性陣には嬉しい医薬品となるでしょう。
セックスが始める時から、射精を済ませて終わる時まで健全な男性機能が現れるため、男としての自信や満足感が正しく蘇ります。

またペニスが根本から固く鋭い角度で勃起するため、ピストンの時の姿勢が安定し、女性器の奥まで綺麗に出し入れする事が出来るようになります。
個人差はありますが、バイアグラの服用でセックスの感度が増したり、射精やオーガズムの満足感が増す効果が得られます。

服用する事で確実に当日中にセックスが可能になる、という安心感もバイアグラの魅力です。
そのため、多忙でなかなかセックスをする機会が無い遠距離恋愛の男女や子作りに熱心な男女にも、バイアグラはおすすめな製品です。

バイアグラを服用してはいけない人

バイアグラは安全安心なED治療薬です。
副作用はいくつか存在しますが、いずれも軽いものばかりです。
頭痛や消化不良や筋肉の痛み、目の充血や体の火照りや動悸やめまい等、体調に普段と違った様子が現れますが、どの症状も時間が経つにつれて、改善していきますので、心配は要りません。

ただし、バイアグラを飲む事でごく稀に色の見え方が変わる副作用が出る男性がいらっしゃいます。
正しく現実の色を、一時的に識別できなくなるため、瞬間的に色の判別が求められる運転中の方、あるいはこれから乗り物で外出される男性はバイアグラを服用してはいけません。
確率は稀ですが、もし副作用で信号機の色や表記を見間違えたら、大変な事故に繋がりますので、自重しましょう。

また精神疾患や生活習慣病で、他の薬を愛飲なさっている方もバイアグラの服用は要注意です。
バイアグラには併用禁忌薬があります。
特に心臓や高血圧症のお薬、一部の精神疾患の薬との相性が悪く、同時期に服用すると、重篤な副作用に見舞われます。
実際に不幸な事故が併用禁忌薬の服用で起きているため、既にED以外の体調不良で通院中の方は、必ず医師に相談しましょう。

医師にバイアグラを追加で服用しても良いか必ずチェックしてもらうべきです。
通院中の方、ケガや病気で持病の薬を愛飲している方も、医師のチェックを受け、OKが出れば安心してバイアグラが飲み始められます。
バイアグラは強力な医薬品であり、併用禁忌薬のお薬がいくつかありますが、同時に飲める医薬品も案外多く、医師の許可さえ出れば、先天的な病気を持っている方でも勃起力の改善が図れます。
また健康体で持病のお薬を飲んでいない男性でも、いわゆる非常に高齢な方はバイアグラの服用が認められていませんので、要注意です。